国内保険と外資系保険の相違点


保険・保険のおすすめサイト一覧

内容をしっかり把握して

独身時代は「保険」に入っていたことは、まだ学生時代に学資保険を両親がかけてくれていたことのみで、他はありませんでした。

ちょうど今の主人と結婚を前提に一緒に住み始めたときに主人にだけ、仕事柄車を運転する仕事なので、かけていたことがあります。

私はというと、近所の職場でしたし外に出る仕事ではなかったので、特にかけてはいませんでした。結婚して1年たった頃のことでした。一旦主人の保険を解約することにしました。

何故かというと、独身と既婚者では保険の種類も金額も変わってくるということで解約しました。

今までは保険のことなどは、そんなに気にかけていたことがなかったので、戻ってくる額なども気にしたことはなかったのですが。

入っていた保険は、掛け捨てではなく満期である程度の金額が下りるといった保険です。

かけていた間は特に保険を使うような大きな病気などをしたわけではなかったので、結構な金額がおりました。

ちょうどその頃、私は妊娠し切迫早産で入院することになり、保険の入っていなかった私にはありがたかったです。

結局子供を出産後、私と主人は養老保険、子供には学資保険と入りなおすことになりました。

保険とは、内容をしっかり把握し入れるのならば入るべきだと心から思いました。

注目の保険について、情報量が多いこのサイトでチェックしてみてください



Copyright (C)2017国内保険と外資系保険の相違点.All rights reserved.